女性の薄毛対策

約600万人の女性が薄毛で悩んでいます。
これは、日本の女性人口割合のうち10人に1人が薄毛や抜け毛で悩んでいる計算になるのです。
男性に比べて女性の薄毛は対策がたてやすいと言われていますが、それでも実際に効果があったかどうかと言われるとなかなか難しい問題のようですね。

 

ではどうして男性の脱毛症に比べて改善しやすいと言われているのに難しいのか、まずは女性の薄毛の原因から探ってみることにしましょう。

 

女性の薄毛のタイプは大きく分けて2つに分類されるようです。
まずは加齢による抜け毛→薄毛で髪の毛のボリュームがダウンしてくる現象です。
これは40〜50代、更年期にさしかかってくる頃から多くなってくるようです。
加齢で脱毛というのは、人間として避けて通れないこと。
これに更年期の症状、ストレスやホルモンバランスの異常が重なってくるようです。

 

ホルモンバランスの異常は、そのままストレスにも関わりがあります。
睡眠不足になったり、情緒不安定になったり、身に覚えのある方も多いでしょう。
こうなると髪の毛に栄養が行かなくなってきますので、まず髪が細くなってきたりします。
俗に言う髪の毛にコシがなくなってきたということですね。

 

もちろん若い世代においても、睡眠不足やダイエットによる食生活の偏りというのは、こういった同じ現象を起こしてしまいます。
主に若い世代の薄毛の原因は、ストレス過多、睡眠不足や偏った食生活、といったことになるようです。

 

食生活の偏りが髪の毛に影響を及ぼすのは先に述べているように、髪の毛に栄養が行き届かなくなるためです。
偏食や無理なダイエットは見直して、良質なタンパク質を摂るようにしましょう。
卵や大豆類、そして魚などは毎日摂るようにしてください。
良質なタンパク質は、髪の毛の栄養を行き渡らせてくれるので、俗に言う元気な髪の毛に復活させてくれます。
もちろん、薄毛対策だけでなく予防にも効果がありますので、日常の食生活に取り込んでいきましょう。

 

育毛・養毛剤